「青葉区の大山街道(矢倉沢往還)」


斉藤 司(横浜市歴史博物館学芸員)

1 矢倉沢往還のルート


 現在の国道246号線の前身となるこの街道は、江戸城の赤坂御門を出て相模国矢倉沢(南足柄市)へ伸びていることから、 江戸時代、矢倉沢往還と呼ばれていました。また、途中には江戸やその周辺の人々から信仰を集めていた大山があり、 大山へ向かう人々が往来したことから大山街道・大山道とも呼ばれています。
 そのルートは、赤坂御門から青山・三軒茶屋を経て、二子・溝ノ口間の二子の渡しで多摩川を渡る。さらに荏田・長津田・ 鶴間などといった丘陵部を通り、相模川を渡って厚木・伊勢原に至ります。大山へは伊勢原で矢倉沢往還と分かれてから登り ます。伊勢原から秦野・松田を経て矢倉沢に到着します。そして、矢倉沢からはさらに西へ向かい、御殿場を経て沼津におい て東海道に合流していました。
斉藤司氏  このように矢倉沢往還は、江戸と京都を結ぶ江戸時代の大動脈であった東海道の北側をほぼ直線状に進み、東海道よりも 短い距離で箱根・足柄・小田原方面へ向かうことができた。いわば東海道の脇往還(バイパス)としての矢倉沢往還の位置 づけを考えることができます。実際、参勤交代の大名行列などが頻繁に往来し、往来に支障をきたす可能性が高い東海道を 避け、矢倉沢往還を利用する人々はかなり多かったものと想像されます。
 しかし、矢倉沢往還は、武蔵国・相模国の丘陵部を通っており、その間、多摩川・鶴見川・境川などといった大小の川の 本支流が幾筋にも分かれて入り込んでいました。そのため、川の渡河地点と丘陵の頂点が繰り返しあらわれ、両者をつなぐ 短い坂が各所に存在しています。こうした坂の上り下りは、往来する人にとっては結構な負担になったものと考えられ、 東京湾・相模湾の海岸沿いの平坦地を進む東海道と比べると、実際の往来にあたっては東海道の方が容易であったと考えら れます。

2 物見遊山・信仰の道

 さて、先述したように矢倉沢往還は大山街道とも呼ばれていました。相模平野の中央に位置する大山は、古来より山岳 信仰の対象として多くの人々の信仰を集めてきました。これは、大山が、丹沢山地の先端部にあり、しかもその山頂が尖って いるため、遠方からでも容易に識別することができたためでしょうか。また、大山の山腹にある大山寺の山号が雨降山となって いるように、また大山に雲がかかると雨が降るといわれているように、古くから大山と雨の関わりは深く、日照りの際には多くの 農民たちが雨乞いの祈願のため、大山へ参詣しました。実際、日本列島の気候は上空のジェット気流の関係で西から東と移動する ので、大山に雨雲がかかった若干の後にその東に存在する江戸や周辺地域において雨が降ることは確かであり、当時の人々がその ことを経験的に知っていたと考えられます。
 江戸から矢倉沢往還を西へ向かうと、大山を前方のほぼ正面(場所によってはそのやや右手)にみることができます。信仰の 対象として大山に向かう人たちにとっては、大山へ確実に近づいている実感を味わいながら進むわけで、信仰の念が一歩ごとに 強くなっていったものと想像されます。また、矢倉沢往還の特徴である坂の上り下りも、同様な舞台装置としての意味を持っていた と思われます。つまり、坂の一番低い地点では、前面の丘陵に遮られて大山はいったん視界から消えますが、坂を上りその頂点に 近づくにつれて再び大山をみることができるわけです。あるいは擬似的な(大山)登山ということができるかもしれません。こう した坂の上り下りによる大山の見え隠れを繰り返しながら、人々は大山へと赴いていったのです。
 もっとも、当時における参詣は、多分に行楽や物見遊山の意味合いを兼ねているのが一般的でした。そのため、大山への参詣 もその周辺にある鎌倉や江ノ島への参詣とセットで行われるケースがありました。天保四年(1833)刊行の「鎌倉江ノ島大山新版往来 双六」(葛飾北斎画)はそうした状況を示しているものと思われます。この双六では、江戸日本橋を振り出しに、東海道を通って 戸塚へいたり、そこから鎌倉を巡覧、江ノ島を経て、藤沢へいたります。それより大山へ登り、帰りは厚木・鶴間・長津田・荏田・ 溝ノ口・二子といった矢倉沢往還をとって日本橋へ戻っています(日本橋は振り出しであると同時に上がりとなっているわけです)。 こうした双六の行程は、ある程度現実の状況をふまえたものであり、当時の江戸やその周辺の人々がこうしたルート(あるいは逆の 行程で)を歩いていたことがうかがわれます。

長津田谷本荏田
「鎌倉江ノ島大山新版往来双六」長津田、谷本、荏田

3 物流の道

 矢倉沢往還には、公用の際に人馬を提供するため継立村が指定されるなど幕府による管理が行われましたが、こうした継立村 などには次第に往来する人々を対象とした旅籠などが建ち並ぶようになり、元禄四年(1691)には荏田(横浜市青葉区)で定期的な 市が立っていることが確認できるなど、周辺地域の経済的な中心となっていきました。荏田の周辺では、それ以前においては南側 に存在する川和(横浜市都筑区)で市が開かれていましたが、矢倉沢往還を利用する経済交流が活発になる中で、街道に面した荏田 へ経済的な重心が移動していったのでしょう。
 こうした経済的動向は時代が下るにしたがい、さらに活発になっていったと考えられ、中でも多摩川の登河地点に位置し、河川 交通や陸上交通の結節点であった溝ノ口には、天保九年(1833)の調査によれば、宿屋6軒・居酒屋4軒・穀物商1軒・荒物瀬戸物 商4軒など多種多様な商人が居住し、繁栄をみせていました。
 こうして相模川の鮎、曾屋(秦野)の煙草、丘陵部で生産される炭といった街道沿いの特産物をはじめ、さまざまな物資が矢倉沢 往還を通り、大消費地である江戸へと運ばれていったのです。

注)本稿は平成20年3月2日に横浜市山内図書館で開催された講演会「青葉区の大山街道(矢倉沢往還)」 の講演要旨を著者・斉藤司氏のご好意により再録したものです。